道に落ちている銀杏を拾ったらどうなる?

市街地にある銀杏並木で、落ちている銀杏(ぎんなん)を拾っている人も多いでしょう。
では、自治体などが管理している街路樹の果物を、勝手に採ることは可能なのでしょうか。
まず、柿や金柑など、木と分離していない果実は、街路樹の構成部分にすぎないので、街路樹の所有者である自治体の所有ということになります。
また、落ちている銀杏などの分離した果実も、民法89条1項が「天然果実は、その元物から分離する時に、これを収取する権利を有する者に帰属する」と規定していることから、通常、収取権者である自治体が所有者ということになります。
つまり樹上の果実も、路上に落ちた果実も、「自治体の所有物」と言えるのです。
それでは、勝手に持っていけば「盗み」になるのでしょうか。
木と分離していない果実は、街路樹と一体のものとして自治体の占有が及んでいるので、これを無断で採ることは窃盗罪にあたると考えられます。
また、木と分離した果実の場合も、仮に占有が及んでいないといえても、自治体の所有物であることは変わらないので、占有離脱物横領罪が成立する可能性があります。
それでは、公園の樹の下で銀杏を拾っている人は、「犯罪者」ということになるのでしょうか。
この点、落ちている銀杏などは、事実上、地方自治体が所有権を放棄しているということなので、占有が及ばず、所有権も侵害されない場合には、特に犯罪は成立しません。
自治体が権利を放棄している場合は、権利侵害にならず、犯罪にもならないということです。
木と分離していない果実は自治体の占有が及んでいるので、勝手に採ることは許されません。
一方、木と分離した果実で、自治体の収取が行われないことが明らかなものなどは、採ることも許されると思われます。
自治体が「採ってもよい」と明示してくれているとより良いですね。
なお、植物の採集については、この他に、各地の条例で定めがあるところもあるので注意が必要です。